LashBack提供のDNSBLに登録されてしまった時

No

LashBack提供のDNSBL(ubl.unsubscore.comに登録されてしまった時の解除方法です。

このDNSBLは、解除申請後に再度登録されてしまった場合、前の解除申請から30日を経過していないと有料?になってしまうようです。

  1. 登録されてしまった原因を調査・特定し、修正します。
  2. The LashBack UBLにアクセスして、「DELIST REQUEST」の下に解除したいIPアドレスを入力、「Submit」ボタンをクリックします。
  3. (DNSBLに登録されている場合)「IP ADDRESS FOUND」と表示されるので、「DELIST REQUEST」に氏名、会社名、連絡先メールアドレス(2項目)を入力して、「Request Delist」ボタンをクリックします。
    (DNSBLに登録されていない場合)「(入力したIPアドレス)is not listed on the UBL.」と表示されます。
  4. 「Delist IP Terms and Condditions」という注意や30日経過する前に再度解除申請する場合の料金などのウィンドウが表示されますので、チェックを入れて「Submit」ボタンをクリックします。
  5. 「Success.」と表示されれば、先ほど入力した連絡先メールアドレスにリクエストURLが記載されたメールが送付されますので、届いたメール内のリクエストURLをクリックすれば、解除申請完了です。

(おまけ)nslookupで確認

# IPアドレスが「192.168.1.245」の場合
$ nslookup 245.1.168.192.ubl.unsubscore.com

IPアドレスを逆にして、該当DNSBLのURLを付けることで確認できます。
エラーになれば、リストに登録されていないことになり、値が返ってくれば、リストに登録されていることになります。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。