GMOインターネット社グローバルブランド「Z.com」のレンタルサーバー

Z

色々なレンタルサーバーを渡り歩いてきた筆者ですが、GMOインターネット社がグローバルブランドとして展開しているZ.comのレンタルサーバーも試してみたことがあります。
※クラウドサーバーもあって、時間単価が優れていたのですが、法人向けオンリーになってしまいました。残念!

Z.comでは、利用用途や規模によって選択できるように3つのプランが用意しています。

  • Zeroプラン・・・360円/月(割引最大で290円/月~)※ディスク容量 :10GB
  • Zetaプラン・・・859円/月(割引最大で680円/月~)※ディスク容量 :100GB
  • Zeusプラン・・・1,798円/月(割引最大で1,430円/月~)※ディスク容量 :無制限

単一ドメインで、画像少なめもしくは画像だけ別サーバーなどであれば、Zeroプランがおすすめです。
かなり安価な部類になりますし、それでいて、SSD採用+初期費用無料はGood Jobです。
ただ、複数ドメインでの運用はできないですし、容量的にもメインプランはZetaプランになるかと思われます。

Z.comのメリット

▼ cPanelを採用

人気のコントロールパネル「cPanel」を採用しているので、現在cPanelで管理されている方には、使い勝手が変わらないのでおすすめです。

▼ CLOUDMARK社の強力な迷惑メールフィルター「Cloudmark Authority」 を採用

世界190カ国の信用度の高い利用者から報告されるリアルタイムな脅威レポートにより、最新の脅威に迅速に対応する「Cloudmark Authority」 を採用しているので、メール受信を活用される方にはおすすめです。

▼ ストレージにSSDを採用

HDDに比べて、圧倒的な処理速度のSSDを採用されている点はすべての利用者にとって大きなメリットです。

▼ ドメイン認証型SSLが100円で利用可能

今時無料でSSLが使えるレンタルサーバーもあるのに?と思われる方もいるかと思います。ただ、Z.comの100円SSLはサイトシールも付与されます。(Z.com製の動的サイトシール)

▼ マルチリージョン対応

東京、シンガポール、アメリカの3拠点が選択可能です。あえて海外サーバーに設置したい場合などにはうれしい仕様です。

他にも色々なメリットがありますので、気になった方はサービスサイトをご確認ください。
あと、メリットばかり書いていると怪しさがプンプンなので、デメリットも書いておきます。

Z.comのデメリット

▼ cPanelを採用

メリットと逆で、現在cPanel以外(独自コントロールパネルなど)で管理されている方は、当初使いづらいかもしれません。

▼ Zeroプランではドメインが1つしか利用できない

Zetaプラン以上を使えばいいと言われるとそれまでですが、せめて2~3個のドメインが登録できるとなお便利かなと思いました。

▼ MySQLが全プランで1GBまで

MySQLをフル活用される方には少々厳しいかもしれません。プラン毎に上げてもらうか、せめて最上位プランだけでも・・・。

▼ SSL証明書の持込不可

もともと、100円SSLが利用できるのに何贅沢いってんだ!って言われそうですが、SSL証明書の持込に対応してくれると非常にうれしいです。(筆者のように目先の得に目がくらみ、3年契約のSSL証明書を取得してしまった愚者には持込ができると大変助かります)

総評

特徴やプラン、メリットとデメリットを書いてみましたが、なかなかコストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーだと思います。
無料のお試し期間はないですが、時間単位で課金されるシステム(最低利用期間1ヶ月)なので、1ヶ月だけ試してみるというのもいいかもしれません。
もし、今ご利用のレンタルサーバーなどにご不満がある場合には、是非一度お試しください。

ちなみに筆者は試していないですが、WordPress専用プランもあります。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。