Barracuda Networks社提供のDNSBLに登録されてしまった時

No

※旧ブログ(http://www.cloud-memo.com/)から移行した記事です。

Barracuda Networks社提供のDNSBL(b.barracudacentral.org)に登録されてしまった時の解除方法です。

# サンプルエラーログ
Nov 9 16:44:31 mail qmail-send: 1415684671.058143 delivery 877035: failure: ***.***.***.***_does_not_like_recipient./Remote_host_said:_554_5.7.1_Service_unavailable;_Client_host_[***.***.***.***]_blocked_using_b.barracudacentral.org/Giving_up_on_***.***.***.***./
  1. メールサーバー内を調査して原因を特定し、修正します。
  2. http://www.barracudacentral.org/lookupsにアクセスします。
  3. 「IP or Domain」にIPアドレスかドメイン名を入力し、イメージ認証に任意の値を入力後、「Check Reputation」をクリックします。
  4. 緑文字「The IP address (該当IPアドレス) is not currently listed as “poor” on the Barracuda Reputation System.」と表示されれば、リストに登録されておらず、赤文字「The IP address (該当IPアドレス) is listed as “poor” on the Barracuda Reputation System. To request removal, please click here.」と表示されれば、リストに登録されています。
  5. 解除申請を行う場合には、表示されたメッセージの文末にある「click here」をクリックします。
  6. Removal Requestページが表示されるので、「解除申請したいIPアドレス(自動的に入力済)」「連絡先メールアドレス」「連絡先電話番号(国際番号付)」を入力して、イメージ認証後に「Submit Request」をクリックします。
    ※「Reason for Removal(解除申請の理由)」は任意入力みたいです。
  7. Request Receivedページが表示されれば、申請受領メールが「連絡先メールアドレス」に配送され、申請完了となります。

申請完了後、12時間~24時間程度でリストから削除されるはずです。
※当然ですが、Barracuda Networks社による調査の結果、継続してスパム送信が確認されれば、解除されないか解除されても直ぐに再登録されてしまいます。

(おまけ)nslookupで確認

# IPアドレスが「192.168.1.245」の場合
$ nslookup 245.1.168.192.b.barracudacentral.org

IPアドレスを逆にして、該当DNSBLのURLを付けることで確認できます。
エラーになれば、リストに登録されていないことになり、値が返ってくれば、リストに登録されていることになります。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。