さくらのSSLでJPRSドメイン認証型SSLサーバー証明書の提供開始

いらっしゃいませ 男性

さくらのSSLが、JPRSのドメイン認証型SSLサーバー証明書の提供を開始しました。

1年契約で見れば、国内最安クラスのKingSSLと同等の値段になっています。
※ただし、2年契約だとKingSSLの方が複数年割引があります。

ルート証明書がセコムとのことなので、ニジモさんのFujiSSLと同系統なのだと思われます。
※動的なサイトシールも用意されているし…

ドメイン認証型SSLサーバー証明書の場合、最近の主流はLet’s Encryptなどの無料タイプですが、何かしらの理由で無料タイプが利用できない場合には、おすすめです。

個人的には(FujiSSLでも同様ですが)動的サイトシールが利用できるのがおすすめできる点になります。
※訪問者からしてみれば、あまり意味がない(アピールポイントにならない)のですが(笑)。(視覚的なアピールでいえば、EV認証型SSLサーバー証明書の方がインパクト大)

さくらのレンタルサーバの簡単インストール機能(SSLサーバー証明書)では、Rapid SSLからJPRSに切り替えられているそうです。

というのも、昨年のSymantec社からDigiCert社への譲渡以降、DigiCert社でのSSLサーバー証明書発行に問題が発生しているらしく、さくらのSSLでは長らく販売一時停止になっていました。(Rapid SSL、クイックSSLプレミアム)

恐らく、さくらのSSL内でも問題長期化が想定されていて、JPRSのドメイン認証型SSLサーバー証明書を代替にできるように動いてくれていたんだと思われます。

しかし、DigiCert社のトラブルっていつ解消されるのでしょうか?
最早、Symantec社のシステムに戻すわけにもいきませんし。

「さくらのSSL」への申し込みはこちらからどうぞ

さくらのレンタルサーバ

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。