inps.de DNS IP BLACKLISTのDNSBLに登録されてしまった時

No

※旧ブログ(http://www.cloud-memo.com/)から移行した記事です。

inps.de DNS IP BLACKLISTのDNSBL(dnsbl.inps.de)に登録されてしまった時の解除方法です。

▼サンプルエラーログ
Nov 11 11:29:29 mail qmail-send: 1415276609.872113 delivery 765628: failure: ***.***.***.***_does_not_like_recipient./Remote_host_said:_554_5.7.1_Service_unavailable;_Client_host_[***.***.***.***]_blocked_using_dnsbl.inps.de;_IP_address_was_reported_by_a_user_via_API_on_2015-11-10_10:38:51_UTC,_see_http://dnsbl.inps.de/query.cgi?lang=en&ip=***.***.***.***&quick=1/Giving_up_on_***.***.***.***./
  1. 登録されてしまった原因を調査・特定し、修正します。
  2. 上記のサンプルエラーログにも記載しているリンク先「http://dnsbl.inps.de/query.cgi?lang=en&ip=(該当IPアドレス)&quick=1」へアクセスします。
  3. この時点で解除されているか該当しない場合には「DNS status DNSBL」の値がnot listedとなっています。
    逆に「DNS status DNSBL」の値がlistedとなっていれば、絶賛該当中ということです。
  4. 解除申請を行う場合には、表示されたページの内にある「Click here to request removal」をクリックします。
  5. 表示されたページ内にある「Instant removal without support of this project」にチェックを入れ、「Submit」をクリックします。
    「Instant removal without support of the inps.de-DNSBL The instant removal of IP (該当IPアドレス) was successfully completed.」と表示されれば、手続き完了です。

途中、ユーロで金額を入力する項目が見られるので、悪質なDNSBLか!?と勘違いしそうですが、あくまでも寄付金を募っているだけのようです。

(おまけ)nslookupで確認

▼IPアドレスが「192.168.1.245」の場合
$ nslookup 245.1.168.192.dnsbl.inps.de

IPアドレスを逆にして、該当DNSBLのURLを付けることで確認できます。
エラーになれば、リストに登録されていないことになり、値が返ってくれば、リストに登録されていることになります。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。