WPBLのDNSBLに登録されてしまった時

No

※旧ブログ(http://www.cloud-memo.com/)から移行した記事です。

WPBLのDNSBL(db.wpbl.info)に登録されてしまった時の解除方法です。

# サンプルエラーログ
Nov 1 19:12:32 mail qmail-send: 1415994151.841741 delivery 973124: failure: (送信先IPアドレス)_failed_after_I_sent_the_message./Remote_host_said:_550-REJECTED_-_MULTI-BLACKLIST_-_[S=4_-__db.wpbl.info]_-_/550-BlList_-_X=pascal_H=(送信元逆引きIPアドレス)_[(送信元IPアドレス)]/550-HELO=[(クライアント)]_F=[(送信元メールアドレス)]_T=[(送信先メールアドレス)]_S=[New/550_arrivals_Pfizer's_and_Anti-Herpes_medications]/
  1. 登録されてしまった原因を調査・特定し、修正します。
  2. http://www.wpbl.info/内のLookup IPにアクセスし、IPアドレスを入力します。
  3. 「(入力したIPアドレス) not found in database The IP may have been recently removed. DNS-based database updates hourly, so please wait a while.」と表示されれば、リストに登録されておらず
    「Record detail for (入力したIPアドレス)…」と表示されれば、リストに登録されています
  4. 解除申請を行う場合には、表示されたページの内にある「Remove record」をクリックします。
  5. 「Found IP address (入力したIPアドレス) in database, marking for removal. Record removed. The published list is updated hourly, so changes may not show immediately.」と表示されれば、手続き完了です。

(おまけ)nslookupで確認

# IPアドレスが「192.168.1.245」の場合
$ nslookup 245.1.168.192.db.wpbl.info

IPアドレスを逆にして、該当DNSBLのURLを付けることで確認できます。
エラーになれば、リストに登録されていないことになり、値が返ってくれば、リストに登録されていることになります。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。