IDCFクラウドに申し込んでみました

サーバー

Yahoo! JAPANグループのクラウドサービスIDCFクラウドに申し込んでみました。

仕事でも、なんちゃって鯖缶をしていますが、CentOS 5系が大半で僅かにCentOS 6系がある(古いFreeBSDもアリ)状況で、最新のCentOS 7系やPHP 7系、Nginxなどを触りたくても触れない状態を打破すべく申し込みました。

さくらのVPSやAWSなど競合サービスは多々あり、有名所は大方触ってみましたが、ちょっとイメージが違う感じです。
他社競合サービスは仮想サーバーで、IDCFクラウドは仮想データセンターって感じが分かりやすいかも?

IDCF

申込時点で、電話認証(Call or SMS)とメールアドレス確認認証があって、支払方法登録もクレカ以外は申込書が必須らしい。(試していないので詳細は不明)
更にクレカ決済も与信が1万円!初めて見ました・・・。

登録後(支払い方法登録後)、直ぐに利用できる的なイメージでしたが、IDCFスタッフの電話による本人確認後に利用可能になりました。

早速、CentOSかUbuntuで構築してみようかなと。
続きの記事は→IDCFクラウドでサーバー起動とSSHによるアクセスまで

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。