「Postfix SMTP server: errors from ********」というエラーメールが届いた

頭抱える女性

休み明けに古いテストサーバーから数十通の「Postfix SMTP server: errors from ********」というエラーメールが届いていた。

早速内容を確認してみると、エラーメールによって若干異なるが、

Out: 452 4.3.1 Insufficient system storage

というログが必ず含まれていた。

Google先生に聞かなくても大体予想は付くが念の為に調べてみると、容量オーバーとのこと。
そういえば、本番運用していないサーバーだからって、大分放置していたな~と確認してみると、

df -h

Filesystem       Size  Used  Avail Capacity Mounted on
/dev/mirror/gmrrs1a  989M  138M  772M  15%  /
/dev/mirror/gmrrs1f  380G  1.2G  349G   0%  /home
/dev/mirror/gmrrs1e   62G  2.0G   55G   4%  /usr
/dev/mirror/gmrrs1d  3.9G  3.9M   0B  100%  /var

案の定、/varが溢れていました。

次に/var内のどのディレクトリがやっちまっているか調べてみると、

du -sh ./*

3.8G  ./virusmails

ウィルス検知の隔離ディレクトリがやっちまったな~でした。

本番環境のサーバーではcronで定期的に消していましたが、テストサーバーだとその処理をしてなかったというオチ。
取り敢えず、空にしてPostfixを再起動して完了。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。