IDCFクラウドで追加したデータディスクをswap領域にする

サーバー

以前、IDCFクラウドで稼働させたサーバーの初期設定 その2という記事で、swap領域用のファイルを用意する方法でswap領域を作成しましたが、今回は追加のデータディスクを使って、swap領域を作成してみました。

手順

※以下の作業はfdiskでも可能です。

1.追加したデータディスクが認識されているか確認します。(仮想サーバー作成時にデータディスクを同時作成していた場合には、認識されているはずです。稼働中の仮想サーバーに対して、追加データディスクを作成した場合には、仮想サーバーの再起動が必要になります

parted -l
モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sda: 16.1GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos
ディスクフラグ:

番号  開始    終了    サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
 1    1049kB  16.1GB  16.1GB  primary  xfs               boot


モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sdb: 2147MB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル:
ディスクフラグ:

番号  開始    終了    サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ

2.追加データディスクの全体を1パーティションに指定します。

parted /dev/sdb
GNU Parted 3.1
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) mklabel
新しいディスクラベル? msdos
(parted) unit s
(parted) mkpart
パーティションの種類?  primary/プライマリ/extended/拡張? primary
ファイルシステムの種類?  [ext2]?
開始? 2048s
終了? -1s
(parted) quit

3.swap領域を作成します。

mkswap /dev/sdb1
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2096124 KiB
ラベルはありません, UUID=00000000-0000-0000-0000-000000000000

※ここで表示されるUUIDの値は/etc/fstabへ書込みますので、メモしておきます。

4.起動時に自動的に認識するよう/etc/fstabを編集します。

vi /etc/fstab
#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Mon Mar 14 22:51:47 2016
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=00000000-0000-0000-0000-000000000001 /                       xfs     defaults        0 0
UUID=00000000-0000-0000-0000-000000000000 swap                    swap    defaults        0 0

5.最後にswap領域を有効化すれば完了です。

swapon -a

今回、実メモリの2倍にあたる2GBのデータディスクを追加して、swap領域化しました。
IDCFでは、これで月当たり40円のコストアップです。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。