FTP接続時の「refusing to run with writable root inside chroot()」エラー対策

サーバー
環境
・CentOS 7.5.1804
・vsftpd 3.0.2

こんにちは、ぽちゃ猫(@m2pochaneko)です。

CentOS 7上のvsftpdにFTP接続しようとしたところ、下記エラーで接続できなかった際の対策です。

500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()

chroot先に書き込み権限があるとエラーになる模様。書き込み権限を外せば、接続できるがアップロードできない…。

あっさり解決

vsftpd.confに以下の一行追記すれば、解決します。

# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

allow_writeable_chroot=YES
スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。