yumプラグイン「changelog」をインストール

テキスト

IDCFクラウドで稼働させているサーバー(CentOS 7.2)にyumプラグインの「changelog」をインストールします。

yumプラグインの「changelog」は、その名の通り、これからアップデートするパッケージの更新履歴を確認するyumプラグインになります。

rpmコマンドでも更新履歴を見ることができますが、全更新履歴が出力されるために目的の情報を絞り込む必要があることと、既にアップデート後の状態かアップデートしたいパッケージを一旦ダウンロードしてくる必要があります。

それに比べて、yumプラグインの「changelog」を利用した場合、現行バージョンとアップデートしたいバージョンの差分更新履歴が表示されるので、分かりやすいかなと思います。

「changelog」のインストール

sudo yum install yum-plugin-changelog
...(略)
インストール  1 パッケージ (+1 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 115 k
インストール容量: 384 k
Is this ok [y/d/N]: y
...(略)
インストール:
 yum-plugin-changelog.noarch 0:1.1.31-34.el7

依存性関連をインストールしました:
 python-dateutil.noarch 0:1.5-7.el7

完了しました!
New leaves:
 yum-plugin-changelog.noarch

更新履歴確認方法

sudo yum --changelog update tzdata
...(略)
ChangeLog for: tzdata-2016h-1.el7.noarch
* Thu Oct 20 21:00:00 2016 Patsy Franklin <pfrankli@redhat.com> - 2016h-1
- Rebase to tzdata-2016h:
  - Palestine will end DST on 2016-10-29 not 2016-10-21.

※yumで表示されない場合には、パッケージのみダウンロードしてrpmコマンドで調べましょう。

(おまけ)rpmコマンドで確認

rpm -q --changelog kernel |grep CVE-2016-5195
- [mm] remove gup_flags FOLL_WRITE games from __get_user_pages() (Alexander Gordeev) [1385123 1385124] {CVE-2016-5195}

(おまけ)パッケージファイル名を指定してrpmコマンドで確認

rpm -qp --changelog bind-9.9.4-29.el7_2.4.x86_64.rpm
* 金  9月 23 2016 Tomas Hozza <thozza@redhat.com> - 32:9.9.4-29.4
- Fix CVE-2016-2776
スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。