「warning: Illegal address syntax」の対処法

トラブル

「メールが送れない!」と同僚が困っていたので調べてみると、以下のようなエラーがログに出力されていました。

Aug 21 10:19:10 test postfix/smtpd[12345]: warning: Illegal address syntax from ******[***.***.***.***] in RCPT command: <-example@example.com>;

簡単に言えば、送信先アドレスの文法エラー。

今回はメールアドレスの先頭が「-」(ハイフン)になっていることが原因。一時的でも構わないので送信したいとのことなので、postfixのmain.cfに以下の設定を追記しました。

# vi /etc/postfix/main.cf

allow_min_user = yes

ちなみに「@」(アットマーク)以降がIPアドレスの場合でも同じエラーになる模様。その場合にはpostfixのmain.cfに以下の設定を追記します。

# vi /etc/postfix/main.cf

resolve_numeric_domain = yes

どちらの場合も通常運用時はあまり遭遇しないかもしれませんし、OFFのままのほうが安全かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です