ThinkPad Edge E130 リカバリーメディア再作成

ノートパソコンとビー玉

「ThinkPad Edge E130のリカバリーが必要になったけど、メディアをなくした。どうしよう!」と、友人から相談を受けました。

E130自体はまだ動作しているとのことなので、再作成すればいいんじゃないの~と言ったら、「作成が許可されているデータ・メディアは1つのみです」と表示されて再作成できないとのこと。

この時点で、Lenovoのユーザーサポートに聞けばいいじゃん・・・と思いましたが、とりあえず調べてみました。(もしくは、DtoDリカバリーでもいいじゃないかと思ったけど、万が一、HDDが故障した時のことも考慮して再作成を調べました)

参考にしたサイト
Thinkpadでリカバリーディスクを作成できない …orz を作成する方法

RECOVERY.INIのフラグをリセットする

「Q:\factoryrecovery\RECOVERY.INI」で、リカバリーメディアの作成済かどうかを判断しているらしい。
なので、コマンドプロンプトから上記ファイルを編集します。

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.

C:\>q:

Q:\>cd factoryrecovery

Q:\factoryrecovery>dir
 ドライブ Q のボリューム ラベルは Lenovo_Recovery です
 ボリューム シリアル番号は ****-**** です

 Q:\factoryrecovery のディレクトリ

2014/02/24  22:50             3,986 bcdinfo.txt
2015/05/20  17:43     2,146,702,895 cdrivebackup.swm
2015/05/20  17:42     1,986,913,574 cdrivebackup2.swm
2015/05/20  17:42     2,146,625,658 cdrivebackup3.swm
2015/05/20  17:41     2,145,113,533 cdrivebackup4.swm
2015/05/20  17:40       344,152,521 cdrivebackup5.swm
2014/02/24  22:50        51,200,000 flush.dat
2014/02/24  22:00            25,394 populateini.log
2015/05/22  15:33               868 RECOVERY.INI
2014/02/24  21:59       312,030,462 sdrivebackup.wim

Q:\factoryrecovery>echo 0 > RECOVERY.INI:Done

これで「作成が許可されているデータ・メディアは1つのみです」というエラーメッセージは表示されなくなり、再作成が可能になったので、問題解決!・・・と思っていたら、「このプログラムで必要なファイルが見つかりません」と表示されて終了するようになってしまいました。

分割されてしまったリカバリーデータを統合する

どうやら、本来「Q:\factoryrecovery」の中身は、

Q:\factoryrecovery のディレクトリ

2014/02/24  22:50             3,986 bcdinfo.txt
2015/05/22  16:05     8,769,499,801 cdrivebackup.wim
2014/02/24  22:50        51,200,000 flush.dat
2014/02/24  22:00            25,394 populateini.log
2015/05/22  16:24               868 RECOVERY.INI
2014/02/24  21:59       312,030,462 sdrivebackup.wim

上記のようになっていないとだめらしい。
「cdrivebackup.wim」「cdrivebackup*.swm」に分割されてしまっているのがNG。

対処法としては、

  1. 「Q:\factoryrecovery」を適当な場所にコピーする。
  2. コマンドプロンプトから「imagex.exe」を使用してリカバリーデータを統合する。
    Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
    Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    C:\mylenoreco>"C:\Program Files (x86)\Lenovo\Factory Recovery\imagex.exe" /ref cdrivebackup*.swm /check /export cdrivebackup.swm * cdrivebackup.wim"cdrivebackup"
    
    ImageX Tool for Windows
    Copyright (C) Microsoft Corp. All rights reserved.
    Version: 6.1.7600.16385
    
    Exporting: [C:\mylenoreco\cdrivebackup.swm, *] -> [C:\mylenoreco\cdrivebackup.wim]
    
    [ 100% ] Exporting progress
    
    Successfully exported image #1.
    
    
    Total elapsed time: 7 min 13 sec
  3. 統合されたリカバリーデータ「cdrivebackup.wim」を「Q:\factoryrecovery」にコピーする。
  4. 「Q:\factoryrecovery」内の分割されたリカバリーデータ「drivebackup*.swm」を全て削除する。

RECOVERY.INIのフラグリセットと上記のリカバリーデータ統合を行った結果、無事にリカバリーメディアが再作成できるようになりました。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。