Days Goneをクリア【レビュー】

オートバイ

2019年4月26日に発売されたPS4Days Goneをクリアしたのでレビューをしていきます。


Days Gone

本作はパンデミック後の荒廃した世界を舞台にしたオープンワールド系ゲームです。(アメリカ合衆国オレゴン州を参考にしているそうです)

正直なところ、武器や能力などが揃わない序盤は微妙です…が!
南部地域(ゲーム内の第二ステージ的な場所)への移動が可能になるころには、楽しさがどんどん増していきます。


良かったところ

何と言っても対大群戦


本作の主敵は、フリーカーと呼ばれる感染者です。(ほぼゾンビ)
更に生き残った人々(野盗やカルト集団など)、猛獣(感染した猛獣も含む)なども立ちはだかります。

その中でも、フリーカーたちが群れた大群との戦いが熱いです。
大群は一つの生物のように蠢いていて、いざ発見されると数十~数百のフリーカーに襲われます。

この大群との熱い戦いを制したときの達成感が堪りません!
ただ、準備できていない状態かつ脱出するのが難しい環境下で遭遇したときの絶望感は…やばいですけどね(笑)

そして、そんな大群戦でも処理落ちが滅多にないのが凄い!

マイバイクで大自然を旅する


本作の移動手段は、徒歩&バイクのみ。
そのバイクもガス欠になれば、ただのお荷物でファストトラベルもできなくなる絶妙さ。

バイクは、性能UPの改造から見た目だけの改造、ペイント機能などかなり拘っています。

序盤は燃料タンクの容量が小さいため、頻繁に給油しないといけませんが終盤になれば、長時間走行も可能になります。
ランダムイベント(生存者の救出や野盗の襲撃など)も発生するので、ただバイクを転がすのもいいです。

重厚なストーリー

バイカーの主人公・ディーコンを中心に、生死と共にしてきた相棒・ブーザー、パンデミック時に離れ離れになった最愛の妻・サラ、生存者たちのキャンプを管理するアイアンマイクなど、様々な登場人物たちによって、ストーリーが彩られています。

それぞれの物語が過去から現在に至る過程に深く関わっており、感動する場面も多いです。

あまり言ってしまうとネタバレになるので抑えておきますが、ブーザーと犬、キャンプ連合軍、オブライアンの正体と警告…

個人的には続編を匂わせているのでしょうか?と思いました。

気になったところ

バグが多い

バグの多さが残念なところです。
序盤はそれほど気にならないのですが、後半になるとメニューを開くだけでフリーズしたり、ミッション進行不可系バグが発生したりとちょっと残念でした。

幸い再起動や再インストール、ミッションの進め方で回避できましたが、ターゲットが逃走開始直後に異空間に消えるのは笑えました。

前半の単調さ

本作は南部地域に行けるようになるまでは、正直回想シーンも多くて単調さが目立ちます。(サイドミッションもお使い系が多いですし)

そのため、前半だけで諦めないでください(笑)

まとめ


前半さえ乗り切ってうまくバグを回避できれば、かなりの良作だと思います。

対大群戦も最初はキツイかもしれませんが、何度も繰り返すと必ず攻略法が見つかります。
(茂みからアトラクターと投擲武器、マップギミック活用、力技の逃げ撃ちなど)

筆者はあえて大群に見つかって追いかけてもらうスリルを味わっています。
マシンガン系の特殊ウェポンを入手すれば、大群とも渡り合えます。

面白いのが、非感染の動物はフリーカーから逃げるのですが、感染した動物や変異フリーカー(ブレイカーとリーチャー)は積極的にフリーカーを襲います。
なので、後半になって感染動物や変異フリーカー(ブレイカーとリーチャー)が増えてくると同士討ちが発生しやすくなり、高みの見物という楽しみもできます。

襲撃キャンプに大群を引き込む、大群にストーカーして行動観察する(NEROじゃん)、敵同士の決闘を見物するなど、色々な楽しみ方があるDays Gone、興味がありましたら是非プレイしてみてください。

SplitShireによるPixabayからの画像あり