1Password for Windowsの環境設定(Preferences)の翻訳録

1PasswordアプリTOP画像

Windows+iPhone使いの筆者は、パスワード管理ソフトとして1Password for Windowsを使用しています。

昔はPCのみで管理できれば良かったので「ID Manager」を使い、開発が止まったのを期にKeePass Password Safeに移行し、iPhoneを取得してからは『1Password for Windows』に落ち着きました。

有料ソフトですがSticky Passwordの無期限アカウントも所持していたので、バージョンアップの度に軽く使ってみたりもしています。

今のところは、筆者の使用した感じですが、以下の様な順位です。
※「ID Manager」は開発されていない状態なので外しています。

  1. 1Password for Windows
  2. KeePass Password Safe
  3. Sticky Password

早くWindows版も日本語対応してほしいなぁと思いつつ、英語が苦手な筆者が環境設定(Preferences)を訳してみました。

環境設定(Preferences)

筆者の英語スキルは致命的な低さなので、誤訳などがある前提でお願いします(笑)
※バージョン 4.6.0.598

General

General画面
  • 1Password Vault
    → 1Passwordの保存先を指定します。
  • Scan Dropbox directory for 1Password Vaults
    → Dropboxディレクトリをスキャンします。
  • Play sounds when locking and unlooking your 1Password Vault
    → ロック時およびアンロック時にサウンドを鳴らします。
  • Show 1Password icon the notification area
    → システムトレイにアイコンを表示させます。(常駐化)
  • (Double-click)Edit the selected item in 1Password
    → ダブルクリック時は編集します。
  • (Double-click)Open the URL in web browser
    → ダブルクリック時はブラウザで開きます。

Security

Security画面
  • Lock after X minutes of inactivity
    → ○分間操作がないとロックされます。
  • Lock when your computer is locked
    → PCがロックされるとロックされます。
  • Lock when screen saver is activated
    → スクリーンセーバーが起動するとロックされます。
  • Lock when main window is closed
    → メインウィンドウを閉じるとロックされます。
  • Lock when web browser is closed
    → ブラウザを閉じるとロックされます。
  • (Master Password)Change Master Password…
    → マスターパスワードを変更します。
  • Clear values copied to the clipboard after X seconds:
    → クリップボードにコピーされた値は○秒後にクリアされます。
  • Clear the clipboard on exit
    → 終了時にクリップボードがクリアされます。
  • Clear the clipboard on minimize
    → 最小化時にクリップボードがクリアされます。
  • Minimize 1Password on Copy to Clipboard(Ctrl+C)
    → クリップボードにコピーすると、1Passwordは最小化されます。

Backup

Backup画面
  • Enable automatic backups
    → 自動バックアップを有効にします。
  • Perform backup every:(Day:Week:Month)
    → バックアップスケジュールの間隔を設定します。
  • Folder for backup copies:
    → バックアップの保存先を指定します。
  • Number of backups to keep:
    → 保持するバックアップ数を指定します。

Browsers

Browsers画面
  • Microsoft Internet Explorer:Mozilla Firefox:Google Chrome:Apple Safari
    → 各ブラウザにExtentionをインストールします。
  • Unlock on Secure Desktop
    → アンロック時にSecure Desktopを使用します。
  • When unlocking the application, also unlock 1Password in the browser
    → ブラウザExtentionと1Password本体のアンロック状態が連動します。
    ※1Password本体からブラウザExtentionへの一方通行です。1Password本体側でアンロックすると、ブラウザExtentionもアンロック状態になりますが、その逆はできません。

Logins

Logins画面
  • Auto-Submit Logins
    → オートログインを有効にします。
  • Enable multiple URLs
    → 複数のURLを有効にします?
    ※筆者の環境では、ONでもOFFでも挙動が変わらず・・・
  • Show X more items…
    → 一定数以上のログイン情報を省略して表示するようにします。
    ※筆者の環境では、ONでもOFFでも挙動が変わらず・・・
    ※ブラウザExtention起動時に複数のログイン情報がある場合に、一定数以上が「Show ○ more items…」と省略されるようになります。
  • Show username for matching Logins
    → Title表示からUsername表示に変更します。
  • Show note in hint windows(where available)
    → ブラウザExtention起動時に右クリックメニュー内でカーソルを合わせると、Notesの内容が表示されるようになります。
  • Automatically download Rich Icons for new Logins
    → 新たにログイン情報を作成した際に、アイコンを自動ダウンロードします。
  • Login keyboard shortcut
    → ブラウザ上の自動ログインのショートカットキーを設定します。

Auto-Save

Auto-Save画面
  • Auto-Save new logins
    → 新しくログインするサイトの場合、自動的にログイン情報を保存します。
  • Disable Auto-Save when Vault is Locked
    → ロック時には、自動保存を無効化します。
  • Avoid Auto-Save on these Domains:
    → 自動保存の除外リストを設定します。

Updates

Updates画面
  • (Last Check)Check Now
    → アップデートをチェックします。
  • Automatically check for updates:(Daily:Weekly:Monthly)
    → アップデートチェックを自動的に行うようにします。(毎日:週一:月一)
  • Include Beta versions
    → アップデートチェックの際にβ版もチェックするようにします。

Network

Network画面
  • No proxy server
    → プロキシサーバーを経由しません。
  • Auto-detect proxy settings
    → プロキシサーバーを自動検出します。
  • Manually enter proxy settings
    → プロキシサーバーを手動で設定します。
  • Automatic proxy configuration URL:
    → プロキシサーバーの自動設定URLの指定します。

Warnings

Warnings画面

一度非表示にした警告メッセージが確認でき、再表示の設定が可能です。

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。