格安SSL『FujiSSL』を試してみました

セキュリティ

SSLストア運営のニジモ社提供格安SSL証明書FujiSSLをこのブログとは別のドメインで試してみました。(このブログは既にRapidSSLを使用しているので・・・このブログもFujiSSLにしました)

Root権限付のVPSなどであれば、無料SSL証明書Let’s Encryptなどもあり、各レンタルサーバーでも運営元が独自に無料もしくは月100円程度でSSL証明書を提供する時代に今更感はありますが、

  • ルート証明書がセコム
  • 格安SSL証明書なのに乗換割引がある(期間延長も!更に無料SSL証明書Let’s Encryptからの乗換もOK!)【追記(17/07/18):乗換割引終了を確認しました】【追記(’17/08/03):乗換割引が復活!ただし、長期割引が終了…】
  • 格安SSL証明書なのにサイトシールが提供

※割引などは、2016年11月2日時点です。

ちょっとしたトラブルはありましたが、無事導入できました。

トラブル?

まず、FujiSSLに限らずですがメール認証タイプの方がスムーズです。
ファイル認証タイプの場合、リダイレクトがかかっていると認証エラーになりますし、FujiSSLの認証リクエストはPOSTでアクセスしてきたので、Nginxだと451エラーを返してしまい認証エラーになってしまいます。

オフィシャルサイトには記載がないですが、SSLストア内では「SANsの自動登録」の記載があります。
ただ、不具合だったのか私が申し込んだ時はwwwありで申し込みましたが、wwwなしではアクセスエラーになってしまいました。
ただ、サポートの対応が素晴らしく、問い合わせから40分前後で解決しました。(もちろん、営業時間内です)

まとめ

格安SSL証明書の中では、最安値ではありません(乗換割引適用なら最安値かも?)が、ルート証明書がセコムという珍しさもあるので、選択肢としては有りだと思います。

ただ、サイトシールが動的?なんですが、別ドメインに貼っても表示されちゃう点が残念ですね・・・。
証明ページが表示されるのはいいですが、別ドメインに貼った際には表示されないようになってくれると最高です。
サイトシールが設置先ドメインを判別するようになりました。
これで無料SSLを除く格安SSLの中では、サイトシールが設置可能という大きな利点が売りになりそうですね!

スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。