Contact Form 7のreCAPTCHAモジュールがv3 APIをサポート

WordPressロゴ

追記
Contact Form 7 5.1で、reCAPTCHA v3を有効にしたところ、一部環境でまったく動作しないことが判明したので、利用を中止しました。

WordPressの代表的コンタクトフォームプラグインContact Form 7のreCAPTCHAモジュールが、最新のv3 APIをサポートするようになりました。(Contact Form 7 5.1)

現時点で、はっきりとv3 APIに対応したと謳っているコンタクトフォームプラグインは、Contact Form 7のみです。(もしかしたら、明示していないだけで対応しているプラグインもあるかもしれません)

Contact Form 7でreCAPTCHA設定を行うと、問い合わせフォーム以外のページも含めて、全ページにreCAPTCHAが挿入されます。

当ブログでは、Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoftをコメントフォームなどのSPAM対策で導入しており、バッティングしてしまうのでは無いかと心配になりましたが、Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoftが優先されるようになっているみたいで、問題ありませんでした。

以前のreCAPTCHA(v2)までは、ユーザーに画像選択などの操作を要求することでチェックを行うもの(情報蓄積によりユーザーの操作は最小限になります)でしたが、v3 APIでは導入されたサイト内のコンテンツとユーザーの動きを調査・分析することによって、正しい(人間)・正しくない(bot)を判断するようになりました。

ユーザーに一手間も要求することもなく、SPAM投稿などが排除できるreCAPTCHA v3、皆さんも導入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です