OS起動が「EXT3-fs: md2: orphan cleanup on readonly fs」で止まる

トラブル中の女性

元旦の朝、CentOS 5.5で稼働しているサーバーがダウンしましたorz
外出先でしたが、会社へ急ぎ駆けつけると、

Creating root device.
Mounting root filesystem.
EXT3-fs: INFO: recovery required on readonly filesystem.
EXT3-fs: write access will be enabled during recovery.
kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
EXT3-fs: md2: orphan cleanup on readonly fs

上記の状態で停止しておりました。
状況から察するに何かしらの原因で再起動したところ、ファイルシステムの修復が必要となり、処理を進行しようとして止まってしまった。といったところでしょうか。

通常であれば、「EXT3-fs: md2: orphan cleanup on readonly fs」の後に処理が進んで、「EXT3-fs: recovery complete.」となって、OSが起動するのですが、今回は小一時間程度(会社に着くまで)止まっていた模様です。

そのため、強制的に再起動しましたが、変わらない状態でしたので、シングルユーザーモードで起動を試すもNG
最終的にOSのCDを用意して、レスキューモードでfsckを実行したところ、無事復旧しました。

実際の所、僅かに3 inodeの修復で起動したので、それほど深刻ではなかったのでしょうか?
だとしたら、なんでレスキューモードまでしないと復旧しなかったのでしょうか?

「lost+found」ディレクトリに残骸は見当たらなかったので、少しは安心できましたが、色々不審な点は残っています。が、取り敢えず解決ということで帰宅しました。

休み明けには、フルバックアップを取っておかないと・・・。

復旧手順

  1. 強制再起動 → NG(変わらず)
  2. シングルユーザーモード → NG(変わらず)
  3. OSのCDからレスキューモードでfsck → OK
スポンサーリンク

ABOUT

IT系零細企業のWebプログラマーって肩書きの何でも屋。 最近は、もっぱらWeb系広告やWindows向けソフトウェア開発、サーバー運用・保守、更には営業事務的業務などがメインで、プログラムにはノータッチ状態。ゲームやアニメ・映画・海外ドラマの鑑賞、猫との戯れを癒やしとして、今日も通勤中。